岐阜県栄養士会の管理栄養士・栄養士に相談しましょう

TOP >  岐阜県栄養士会の紹介

岐阜県栄養士会の紹介

会長あいさつ

 岐阜県栄養士会は昭和19年に日本栄養士会岐阜県支部として誕生しました。昭和60年に社団法人岐阜県栄養士会となり、平成25年4月1日に、「公益社団法人岐阜県栄養士会」の認定を受け、県民の健康保持増進と疾病予防及び生活の質向上に寄与する公益活動を目指しております。

 管理栄養士・栄養士は専門職としての職業倫理を守り、自らの技術と知識の向上に努め、食を通した健康支援を行うことが私たち栄養士の使命だと考えます。「栄養と食」の専門職能団体として、県民だれもが健康でいきいきと暮らせる社会をめざすため、県民の皆様に寄り添い、健康づくりの多様なニーズに積極的に取組んでまいります。現在、栄養ケアステーションの活動を主軸とし、離乳食教室、子育て支援活動等、食育の推進を行う一方、高齢者の健康寿命延伸を目的に、生活習慣病の重症化予防や低栄養予防を推進し、介護予防に取組んでおります。また、非常災害に備え、ぎふD-DATスタッフが災害における栄養管理や栄養相談などの活動が速やかに展開できる体制を整え支援してまいります。

 今後も、食と栄養の指導、支援をとおして県民の健康づくりに貢献できるように努めてまいります。県民の皆様をはじめ、関係機関・団体の皆様のご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


岐阜県栄養士会 会長 森 範子

目的

・健康づくりに貢献します。

役割

・食育推進や介護予防に取組み
「栄養・食事」での健康支援を行います。

4つの主な役割

日本栄養士会に準ずる

岐阜県栄養士会の概要